PKINとは

沿革

PKINの沿革: 

 第二次世界大戦中、インドネシアに駐留していた旧日本軍人、軍属の方々やインドネシアが好きな方、関心のある方々などが中心となり、1982年8月に発足しました。初代会長は牧野千代蔵。その後二代目会長加藤紀代四に代わり、2001年5月より三代目門池啓史(現名誉会長)が会長を務め、2008年5月より四代目会長として、中島苑子が就任して現在に至っております。

PKIN(ペー・カー・イー・エンと読みます)は、

PERHIMPUNAN KEBUDAYAAN INDONESIA DI NAGOYA(インドネシア語)の

頭文字をとったナゴヤ・インドネシア文化協会の名称です。

PKIN事務所: 

〒470-0131 愛知県日進市岩崎町岩根264 TEL/FAX 0561-72-1787 中島宅 

 

 

これまでの主な活動

①新年、インドネシア独立記念日、その他催し物で、インドネシア人の方々との友好、親善懇親会 

②留学生へのアパート、インドネシア語の先生などの斡旋

③機関誌『メラティ』の発行

④ジャワ・バリなどの各地を訪問し、交流活動をする

⑤インドネシア理解講座、料理教室、トークパーティ、音楽会などの主催、共演

⑥要人来訪の時、あるいは留学生会主催の歓送迎会など随時あります